アイドルが会いに来た

姿を見せない彼の、住所や電話番号、メルアドなどは知らなかったが、本名を頼りに自宅を突き止めて訪問した。
有坂愛海は、事務所に所属してなく、他にメンバーもいないので、このファンの会いに行くことにした。
その時近くの住人から、昨年大動脈乖離で入院。退院後8月29日に自宅で亡くなったと聞いた。

愛海のライブにはほとんど来ていた彼が、SNSの更新は止まり、ライブにも訪れなくなっていた。有坂は20日に「ファンを亡くした気持ち」とのタイトルでブログを更新し、追悼ライブ開催に至るまでの経緯と心情を綴った。

追悼ライブは、東京・渋谷の「初台DOORS」で「おっきゃん追悼ライブおっきゃんがいナイト」と題し4月11日に開催。彼には家族がなく、葬式もなかったと知った有坂は、「みんなで集まって故人の思い出話を話す日がないと、寂しすぎる」とお別れ会の開催を決定した。

現在、有坂のほかにファンが応援していたアーティストを集めている。

ロリータシンガーソングライターを称する有坂愛海が、亡くなったファンのための追悼ライブを開催すると発表したのです。

気にかけてくれる人がいたんだ。

しかもアイドルが会いに来てくれた。

孤独死は嫌だと思っていたが

それは結婚して妻、子供に看取られて死ぬのもいいが

亡くなった人の亡骸はこの世界から消えても

確実に言えることは、彼が生きて自分を見に来て感動を得た。

そのような思いは残る、彼女、知り合いに感情は残る。

人間は肉体は滅んでも、感情は残るという。

最近救命医療が発達し、臨死体験した人々が経験しているのです。

その感情もきっと感動していると信じます。

「おっきゃん」のこの空間に残った感情に影響が及ぶと思われます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。